img_01

居抜き物件を利用してエステを開業

僕は以前から美容に関するビジネスに非常に関心が高く、エステを自ら開業したいと考えています。

今このプランの中でエステとして構える店舗に関しては居抜き物件を活用予定です。



居抜き物件とは、一般的に以前にテナントとして入居していた内装や設備そして備品などがそのまま残った物件です。通常、賃貸のテナントに関しては、賃貸借契約に基づき借主は所有者に物件を返還する際、その設備や備品は処分しそして内装などは元通りに復元するものですが、ここ最近においてはこのようにそのテナントを同業者に貸すことによって内装や設備などをそのまま残し再利用する物件も数多くなっており、注目を集めているのです。



エステを開業することを予定している僕にとって、このような居抜き物件は非常に魅力的なものとなっています。

藤沢の不動産のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

なぜならば、このような物件を活用することによって、当初の予定よりも短期間で事業を開始することができ、それと同時に内装や設備そして備品は多少の手直しもしくはそのまま使用することができるため事業の開始時にかかる初期費用を節約することができるのです。



これによって事業をより早く軌道に乗せることが可能になります。




したがって現在僕が探している物件は、自分がエステを経営するにあたって現在持っているイメージに適合したものであることと、さらに設備なども自らがもつ施術のコンセプトに沿ったものを設置しているものに焦点をあてて見学等を行っています。

http://www.f-takken.com/
http://tochi.mlit.go.jp/author/user03
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3%E5%8D%94%E4%BC%9A